産経新聞社は、第1回「きっかけ塾」を2022年7月26日(火)に開催。参加者を募集します。

私どものオンラインコミュニティ「きっかけ」は、2020年8月のオープン以降、着実に成長を遂げており、おかげさまで延べ13社(「きっかけ塾」開催日時点)の企業・団体様にご参画をいただいております。近年、企業・団体と生活者が信頼関係を構築し、生活者の声に着目するファンマーケティングが注目されていることもあり、オンラインコミュニティはファンマーケティングを行うツールとして、導入いただく企業・団体様が増えております。

「きっかけ」はまもなく開設から2周年を迎えますが、このたび、より多くの企業・団体様に「きっかけ」の魅力や特長を知っていただきたく、第1回「きっかけ塾」を開催させていただくこととなりました。

第1部:基調講演では、マーケティングライターの牛窪恵氏が登壇。「令和の消費者の『ココロ』を知るには? ~新時代のマーケティング戦略~」と題し、ご講演いただきます。

第2部では、キリンホールディングス株式会社の太田恵理子氏をモデレーターに招き、きっかけ参画企業代表の富士紡ホールディングス藤本実氏と、きっかけ担当者のトークセッションを開催。「新聞社のコミュニティ・マーケティング ~ソーシャルマスメディアへの挑戦~」と題し、きっかけの取り組みも含めてお話しします。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2022年7月26日(火)14:00~16:00
★参加費無料(事前登録制)  
会場
参加費
定員
対象 企業の宣伝、広報、マーケティング、商品開発、販促などのご担当者様
主催 産経新聞社
共催
協賛
内容

14:00~14:50 第1部:基調講演
「令和の消費者の『ココロ』を知るには? ~新時代のマーケティング戦略~」
牛窪 恵(マーケティングライター/立教大学大学院 客員教授)


14:55~15:45 第2部:きっかけトークセッション
「新聞社のコミュニティ・マーケティング ~ソーシャルマスメディアへの挑戦~」
太田 恵理子(キリンホールディングス株式会社ヘルスサイエンス事業本部 Kirin Well-being Design Lab シニア・フェロー)
藤本 実(富士紡ホールディングス株式会社 広告宣伝部 部長)
きっかけ担当者


備考
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

牛窪恵

マーケティングライター/立教大学大学院 客員教授
大手出版社を退職後、2001年4月、マーケティングを中心に行うインフィニティを設立、同代表取締役。
トレンド、マーケティング関連の著書多数。
「おひとりさま(マーケット)」(05年)、「草食系(男子)」(09年)などを世に広め、新語・流行語大賞に最終ノミネート。NHK総合「サタデーウオッチ9」、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」ほかに出演中。

太田恵理子

キリンホールディングス株式会社 ヘルスサイエンス事業本部 Kirin Well-being Design Lab
シニア・フェロー
1983年東京大学文学部社会心理学科卒業、キリンビール株式会社入社。キリングループ内で一貫してマーケティングと事業戦略策定に従事。2007年キリン食生活文化研究所を立ち上げ、生活者や社会の変化を捉えた経営への提言と、社内外との新価値共創を行ってきた。2020年組織名称変更、2022年からヘルスサイエンス事業本部。
専門分野は、デザイン思考に基づくリサーチと生活者インサイト分析、シナリオ・プランニング。著書『消費トレンド2014-2018』(日経BP社)。

藤本実

富士紡ホールディングス株式会社
広告宣伝部部長
富士紡ホールディングスの販売会社であるフジボウアパレル大阪に入社・営業職として勤務。
福岡・名古屋・東京・札幌各支店でB.V.D.ブランドの営業活動。その後、楽天・アマゾン・ヤフー他EC事業を推進。現在はフジボウアパレルEC事業の顧問及び富士紡ホールディングスの広告宣伝部長を兼務。
富士紡ホールディングスは、看板商品である「B.V.D. 涼ブラ」を中心に、女性の下着全般に関するインサイトを引き出す「B.V.D. 涼ブラコミュニティ」を、「きっかけ」内のパートナーコミュニティの一つとして運営中。

お問合わせ

「きっかけ塾」事務局(産経新聞社内)
ml.kikkake@sankei.co.jp